あなたのいらなくなった時計を高価買取してもらいませんか?お売りになりたい時計 をお持ちの方はぜひご相談を。

【Breguet】ブレゲの買取り

アブラアン・ルイ・ブレゲによって創業されます。ブレゲは時計の歴史を200年早めたと言われたように、さまざまな複雑機構を開発しています。

【永久カレンダー】【ミニッツリピーター】【トゥールビヨン】等の革新的技術は現代でも利用されています。技術面のみでなく【ギョーシェ彫り】【コインエッジ】【ブレゲ針】【ブレゲ数字】などのブレゲ独自のデザインも生み出しています。

ブレゲが生み出した多くの技術やデザインは、ブランドの垣根を超えて伝統的なデザインとして世界的に認知されています。

1783年ブレゲの顧客1人にマリー・アントワネットがいます。彼女はブレゲに最高の時計を作るように命じました。マリー・アントワネットはフランス革命の折に処刑されたものの、依頼を受けた時計は開発を続けられます。

ブレゲの死後は、弟子達がその仕事を受け継ぐことで1827年に完成させました。こうして生まれたのはブレゲNo160「マリー・アントワネット」と呼ばれる金の懐中時計です。

ブレゲが生きた波乱万丈の歴史

1775年 パリのシテ島に時計工房創業1815年 フランス海軍ご用達の時計師として取り立てられる

1823年 パリで生涯を閉じる

ブレゲの死後、子供のアントワーヌ=ルイ、孫のルイ=クレマンが工房を継承します。

1870年 ルイ=クレマンは電気通信で成功をおさめる事で、工房をイギリス人時計師エドワード・ブラウンに売却します。

1970年 フランスの宝石細工商ショーメに商標を売却するが、のちにPPRがショーメごと買収した。

1987年 その後、ブレゲのみをインベストコープにより買収。

1999年 スウォッチグループがブレゲを買収します。

スウォッチグループのもと、業績を回復したブレゲは高級腕時計ブランドとして名を広めます。1993年からは、ブレゲの7代目にあたるエマニュエル・ブレゲが参加。血筋を持つ人物の参入は大きな転機となり話題を呼びました。

天才時計師ブレゲの作ったブランドは、世界5大時計メーカーと呼ばれつつも数々の苦難を乗り越えて来たのです。

腕時計の文字盤

ブレゲの買取り

アンティークから現代のモデルまで、総じて人気となっています。全てのブランドが他社ブランドに比べ高い買取りとなる傾向があります。装飾としてプラチナやダイヤなどの高級素材を使用したモデルが多いのも特徴で、宝石店へ売却される方も少なくありません。しかし、ブレゲの神髄は時計としての価値にあると言えます。

それらを適正に評価してもらうことを考えた場合、時計買取り店への査定依頼をお勧めします。またブレゲの人気は世界的なものです。そのため海外売却ルートを持っている買取り店の場合、他と比べ高い価格を付けてくれる場合があります。

まとめ

ブレゲの魅力は、その技術力と言えるでしょう。技術を追求し続ける事が芸術を追求すると言う信念の素、日々の開発が行われている事にあるでしょう。

時計買取!おすすめ・高価買取| TOPへもどる↑

おすすめ時計買取
WonderREX
WonderREX