あなたのいらなくなった時計を高価買取してもらいませんか?お売りになりたい時計 をお持ちの方はぜひご相談を。

【Tudor】チュードルの買取り

1930年代、ロレックスが本社イギリス市場での拡大を目指し、安価なブランドとして誕生させたのが始まりです。この当時のロレックスは、新モデルを発表しブランドの基礎を作っていました。

しかしロレックスの時計は大変高価だったため、一般市民への普及まではいきませんでした。そのための対策として作られたのが、チュードルと言うブランドなのです。ブランド名の由来は、イギリスの名門チューダー家にあります。

チューダー家は、エリザベス1世だけでなく歴代5人ものイングランド王を排出した名門なのです。

チュードルの特徴

チュードルの最大の特徴は、ロレックスと共通したパーツが利用されていることにあります。アンティークモデルでは、ケースを初め、リューズ、ベルト、細部のパーツまでロレックス製でした。さらに裏蓋部分にはROLEXの刻印が施されているほどでした。ロレックスとの違いは、ムーブメントにETA社製のエボーシュが利用されていることにあります。

ロレックスと共通パした部品を使いながら、安価なムーブメントを利用する事で、安価な価格を可能としたのです。

ETA社はもともと信頼性の高いムーブメントを作っていました。精度の高いムーブメントを量産する事で、コストの低減も可能となりより求めやすい価格となったのです。チュードルのトレードマークは、チューダー家と同様にバラです。

初期のモデルは文字盤にもバラが描かれていますが、現在では盾のマークも利用されています。販売当初は、本家ロレックスに類似したモデルを多く販売していましたが、現在は独自デザインによるモデルを販売しています。

代表モデルは、オイスター、グランツアークロノ、グランツアーデイト、クロノグラフ、クロノタイム、プリンスデイト、サブマリーナです。

腕時計

チュードルの買取り

日本での正規代理店は存在していないため、流通量は多いとは言えません。しかしロレックスのディフュージョンブランドとしての知名度もあるため、需要はあります。チュードルを扱う業者も少なくはないのですが、正確な査定を行ってもらうには、ロレックス等の知識も豊富な買取り店が良いでしょう。

買取り価格では、同水準でのロレックスよりも安価になりますが、ヴィンテージモデルや限定モデルは高い査定価格が出される事もあります。基本的には余り高い買取り価格は期待できません。

しかし、物によっては思わぬほどの高額となるため、買取り店を複数査定してみる価値はあるでしょう。

まとめ

創業当時ロレックスの部品を使いモデルの特徴も似せてあったことから、ロレックスと同様の魅力を安価で手に入れる事が出来るためロレックスの入門時計とされていました。

古い時計ほどロレックスとの相関関係が見られましたが、現代ではチュードル自身のモデルを前面にだしています。

昨今では、ロレックスとの関係に一線を置いたモデルを発表しています。デザインは、極めて斬新と言えますが、とてもエレガントで魅力的です。今後は、ロレックスの安価品としてではなく、チュードル自体の価値を強固にしていくことでしょう。

時計買取!おすすめ・高価買取| TOPへもどる↑

おすすめ時計買取
スピード買取.jp